読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっちのお留守番

 大切な肌はスキンケアで毛穴引き締めましょう。  お肌はとても乾燥します。汗を拭いたり、化粧崩れで大切なお肌をこすってしまいますね。目が痒くて、つい頬杖ついたり。クレンジングや日常の習慣でシミやくすみが発生

集客まとめ


スポンサードリンク

ターゲットを「半径3㎞以内にお住まいの30代~50代の女性」

ターゲットが決まったら、次は集客のツール(手段)を把握しましょう。
集客のツールまとめ

チラシ 自分で作成するのか外注するのか決める。

配る目標値を決めて印刷部数を決める。
看板 大家さんに看板を置けるか確認。

可能であればドアやポストにも貼れるものを用意。
名刺 交流会やイベントに参加した時の貴重な販促ツール。

サロンのウリを数行でまとめる。
HP どこに制作を頼むかによって費用が大きく違う。

できればサロン業界専門の業者がベスト。
ブログ はじめはアメブロがオススメ。

記事の更新・読者申請を習慣にし、コツコツアクセスアップを。
SNS facebookツイッターのアカウントを作成。

個人のアカウントを使うほうが信頼度がアップするのでオススメ。
セミナー 美容セミナーではお客さま候補を。

サロン開業セミナーでは横のつながりを。
広告 軌道に載るまではお金をかけないことがベスト。

新聞折込み、美容ポータル、アドワーズ広告facebook広告など。

近くに住んでいる方だけをターゲットにするとなると、
まずはチラシを作成し、
同じマンションの住人に配る。商店街に置いてもらう。
看板を置けるなら人目がつくところに置く。
特殊な技術や希少価値が高いサービスを提供できる場合、
遠方からも集客が見込めます。

その場合はまずブログとHPをつくって
地方の方にもアクセスできるようにするのが優先になります。

1.存在を知ってもらう
どんなに美味しいラーメン屋でも、その存在を知ってもらうことが
できなかったら、当然来店してもらうことはできません。


質の高いサービスを提案するの当然として、
その上で「知ってもらう努力」をしていきましょう。

HPやブログをつくってだけでは意味がないです。
看板をただ置いただけでは人が来ません。

HPやブログを知ってもらうために、
更新頻度を高くする。

SEO対策をかける、広告を出す、
メールの署名にURLを載せる、名刺にURLを書くなど。

看板も、デザインに凝ったり、置く場所を変えて検証したり、
看板と一緒にチラシを置いたり、
ほんの小さな工夫でも、それが積み重なり集客につながります。

2.興味を持ってもらう
3.価値を理解してもらう
知ってもらえるようになっても、
サロンの良さが伝わっていなかったり、他社と差別が化できていないと
興味を持ってもらえません。

自宅サロン・マンションサロンをつくる一番土台の部分なので、
最初の段階で決まっているべきことですが、
HPやチラシのキャッチコピーにしっかり込められるかが大事になってきます。

「他のサロンではなく、あなたのサロンに行かなきゃいけない理由」
「他社には負けないあなただけのサロンのウリ」

特に個人サロンの場合は、価格以外の部分で、
この2つが明確になっているお店は成功する確立が高くなります。